虫歯や歯周病や親知らずなど歯のお悩みは銀座クリスタルデンタルオフィスへ。

保険診療

保険診療

虫歯治療・歯周病治療・親知らず抜歯など保険診療も行っています。

5部屋ある診療室は、すべてがプライベートに配慮した個室スタイルになっており、完全予約制でスムーズな診療をお約束します。

虫歯とは
img_mushiba1虫歯はお口の中に残っている細菌によって歯の表面の一番かたいエナメル質を溶かしてしまうことからはじまります。そのあとエナメル質よりもやわらかい象牙質、歯髄へまで進行し、神経まで届くと強い痛みを感じます。虫歯は治療せずに放置しておくと、自然治癒することなく、徐々に進行していきます。最初は小さな穴であったものが、だんだん大きくなり、治療するにも大きな痛みを伴うようになります。違和感を感じる前に、歯科医院で診てもらいましょう。
虫歯の治療
虫歯の治療内容は、進行具合によって異なります。

C0 自覚症状はありませんが、歯の表面に黒いところや不透明なにごりができます。この段階では、フッ化物やシーラント(予防填塞)で治すことが可能です。
C1 歯の表面(エナメル質)に限局した虫歯です。自覚症状はまだありません。処置としては、削って虫歯を取り、虫歯予防の樹脂材料で詰めて終わります。
C2 象牙質まで進行した虫歯です。冷たいものがしみることがあります。処置として、削って白い詰め物、または金属の詰め物をします。
C3 歯の神経(歯髄)まで達した虫歯です。夜眠れないほどのずきずきした激しい痛みがあります。この段階では、神経の処置が必要です。麻酔後、神経を取り、腐った神経膿を取ります。数回洗浄・消毒後、綺麗になってから神経が入っていた穴に薬を詰めます。土台を入れ、歯全体をすっぽりとかぶせます。
C4 歯が崩壊し、根っこの先にも膿がみられます。保存が不可能な場合には抜歯が必要です。
東京の銀座駅から近くて安心です。
歯周病とは
歯周病とは、歯を支えている組織に起こる様々な症状のことで、歯を失う原因としては虫歯よりも非常に高い確率が高いのですが実は、日本人の成人の80%が歯周病と言われております。

《歯周病の症状》
(1)歯を磨くと歯ぐきから血がでる。
(2)歯ぐきから膿がでる。
(3)歯ぐきが腫れたり、痛むことがある。
(4)歯がグラグラと動く感じがする。
(5)歯ぐきがむずがゆい感じがする。
(6)口臭が気になる。

これらの項目に当てはまる人は歯周病になっている可能性があります。

歯周病の原因
歯周病の直接の原因は、プラーク(歯垢)です。プラーク中には虫歯菌や歯周病菌が、1mg中になんと1億個以上いると言われています。この中の歯周病菌は歯磨きを怠ったり、砂糖を取り過ぎたりすると、歯周ポケット内で異常に増殖し、それらが産出する毒素や酵素によって歯周組織に炎症を引き起こし、歯槽骨を溶かす歯周病へと進行していきます。
歯周病の治療
img_perio1《スケーリング》
スケーリングとはスケーラー(超音波スケーラーやハンドスケーラー)と呼ばれている器具を使って、歯肉縁上および歯肉縁下の歯面から取り除けていないプラーク(歯垢)、歯磨きでは取り除くことが出来ない歯に付着した歯石、歯周ポケットに溜まった歯垢を除去する治療法です。

《ルートプレーニング》
ルートプレーニングとは、スケーリングでは届かない歯周ポケットの奥深くの歯の根の部分などに浸透している歯垢や、歯石を特殊な器具(キュレット)を用いて取り除き、再び歯石や歯垢が付着しないように歯根面を硬く滑沢な面に仕上げる治療法のことを言います。これにより歯茎の炎症が抑えられ、歯周ポケットの深さが浅くなり、歯周病の進行を抑えることができます。

東京の銀座からすぐ近いデンタルオフィス。
親知らずとは
img_oyashirazu2親知らず・親不知(おやしらず)とは、第三大臼歯および第三大臼歯のことを言います。顎の幅などが理由で、本来上に向くはずの親知らずが、横向きに生えてくる場合があります。そのまま放置すると、隣接した歯を圧迫し、虫歯になりやすいので、痛みや腫れを伴うことがあります。

《親知らずの症状》
(1)奥歯のあたりが痛い、腫れる
(2)奥歯のあたりから臭いや変な味がする
(3)口が開きにくい、口を開けるときに痛い
(4)歯ならびが悪くなってきた(親知らずが歯列を押します)

h-oyashirazu2
親知らずの抜歯には、次のようなメリット・デメリットがあります。

《メリット》
・歯磨きがしやすくなる
・親知らずが原因の口臭が解消される
・歯並びが悪くならない
・虫歯、歯周病のリスクが下がる
《デメリット》
・数日間ほど腫れる場合がある
・傷が治る1ヶ月は抜いた後に食べ物が詰まることがある
・非常にまれだが顎の神経に影響が出る場合がある
抜歯の流れ
img_oyashirazu1(1)当院では、親知らずの急性の発作で来院された方には、まず炎症の状態を精査し、消炎処置を行います。そして、抗菌薬を処方して急性の症状を抑えます。後日炎症が治まったのを見極めて、親知らずを抜歯します。

(2)歯の頭が抜きやすい位置にある場合には、数分で抜けますし、麻酔が覚めた後の痛みや腫れもほとんどありません。斜めに骨の中に埋っているような場合には、抜くのに時間がかかる場合もありますが、麻酔を充分に効かせて行いますので、処置中痛むことはありません。術後は少し腫れる場合もあります。

h-shonishika
imageお子さんにとってはじめての歯医者さんは、お子様の口の健康を一生左右すると言っても過言ではありません。そのためには、子どものお口のことを良く知っている先生に診てもらうことが大切です。

お子様のお口のことで、心配や不安なことなどありましたら、遠慮なくご相談ください